改正の経過措置知りたい 工事開始時期で判断か

2015.05.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 建設業の労働保険料ですが、平成27年4月1日から大幅に取扱いが変わったと聞きます。とりあえず新ルールの説明は一読しましたが、いろいろと経過措置が付いているようです。工事の開始・終了時期によって、どのように変わってくるのでしょうか。【福岡・Y社】

A

4月以降成立なら新制度 消費税分の暫定率廃止に

 労働保険料は、賃金総額に保険料率を乗じて計算します(徴収法11条)。しかし、建設業では、重層下請の形で工事を受注するケースが少なくありません。元請会社は、2次・3次の下請会社がどれだけの賃金を支払っているのか、直接知る立場にありません。このため、請負金額に労務費率(請負金額に占める賃金比率の世間相場のようなもの)を乗じて得た額を「賃金総額」とみなす特例が設けられています(徴収則13条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年5月15日第2234号 掲載
ページトップ