メリット制は4年後? 「事業の種類」変える

2013.06.24
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 先日、工場の機械設備で大規模な故障が発生し、これを機に老朽設備の入換えおよび事業構成の再編成を検討しています。労災保険の「事業の種類」が変わった場合、労災保険のメリット制の扱いはどうなるのでしょうか。新規設立と同様、4年経過後から適用となるのでしょうか。【兵庫・D社】

A

事業継続し期間を通算

 継続事業のメリット制は、「事業の継続性」と「事業の規模」の要件を満たす企業が対象となります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年6月24日第2926号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ