メリット制に影響するか 「事業の種類」変更したら

2015.07.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 平成27年4月から、労災保険率表の「事業の種類」が一部変更されました。当社は食料品製造業で、メリット制の対象ですが、今回の改正で影響を受けるのでしょうか。【広島・I社】

A

継続と扱い収支率を計算 細目表改正などの特例

 徴収則別表1は、「事業の種類」別に労災保険率を定めています。従来、事業の種類は55でしたが、平成27年4月1日から、「食品製造業(たばこ等製造業を除く)」と「たばこ等製造業」が併合され、「食品製造業」となりました。これにより、事業の種類は54に減少しました。

 この改正がメリット制にどう影響するのか、まず一般読者向けにご説明します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年7月15日第2238号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ