年度更新のポイントは? 労働保険料を申告・納付

2013.05.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 前任者から、「労働保険の年度更新業務は難しいものではないので、がんばってやってみたら」と任されました。不安もあるのですが取組んでみようと思います。ポイントや、勘所と言ったものがあれば、教えてください。【兵庫・E社】

A

3月までの確定賃金集計 延納3回に分けられる

 労働保険の年度更新業務は、社会保険における算定基礎届とならび、人事労務の担当者として重要な業務です。

 労働保険の保険料は、保険年度である毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間を単位として計算します。保険年度ごとに概算で保険料を納付しておき、保険年度末において賃金総額が確定したあとに精算する方法を、毎年繰り返します。

申告書の作成

 まず、3月給料、賞与(3月が決算月の企業では支給されることがあります)が確定したら、前年度4月1日から本年度3月31日の間に確定した賃金総額を集計します。決定した賃金総額に保険料率を乗じて保険料を算出しますので、賃金の集計は年度更新業務の根幹を為す重要な業務です。次に、「労働保険概算・確定保険料/石綿健康被害救済法一般拠出金申告書」(以下「申告書」)を作成します。申告書とともに送られる「手引き」には、本年度の改正点等、書き方が丁寧に解説されています。

《申告書作成に関してのポイント》

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年5月1日第2185号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ