メリット制に影響及ぶか 工期終了後も休業の状態

2017.04.19
Q

 単独有期の工事現場(建設)で、事故が発生し、作業員がケガをしました。治療には相当な時間がかかりそうな状況です。工事期間の終了時に、まだ休業が続いている場合、労災保険のメリット制にどのような影響が及ぶのでしょうか。【北海道・S社】

A

収支率算定は9カ月後 率ではなく保険料が変動

 有期事業に対しては、継続事業(通常の会社等)とは異なる仕組みのメリット制が適用されます。

 有期のメリット制の対象になるのは、次のどちらの条件も満たす事業です(徴収則35条)。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成29年4月15日第2280号
ページトップ