場所で異なる労災料率? 食品メーカーが店舗出店 従業員は「応援」で対応

2017.07.12
Q

 食料品メーカーですが、消費者の生の声を聞くため、アンテナショップを出します。店舗スタッフは、当面、本社従業員の「応援」で対応します。労災保険料率の適用ですが、本業が製造業であっても、小売業に該当するという考え方で良いのでしょうか。食料品製造業と小売業では、料率にかなりの差があります。【茨城・R社】

A

小売部門を本社一括も

 労災保険法は、事業ごとに法を適用するのが原則です。「事業」とは、一定の場所においてある組織のもとに関連して行われる作業の一体をいいます。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年6月26日第3118号16面
ページトップ