途中で切替え可能か 国保組合と任継で選択

2018.04.17
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 起業するために勤め先を近く退職する予定で、引継ぎ作業などを行っています。勤め先は健保組合のある会社で、退職後も加入することができると説明してもらったのですが、起業を予定している業種にも国保組合があるようなので、どちらを選択すべきなのか迷っています。また、途中でどちらかに切り替えることは可能なのでしょうか。【新潟・T生】

A

任継は申請期限が短い

 自営業に従事する人や定年退職者は、原則として健康保険ではなく国民健康保険に加入しますが、市区町村が保険者となる国民健康保険以外に、一定の業種に特化した「国民健康保険組合」もあります。医師や、税理士等一部の士業、建設業従事者の他、飲食店や銭湯の経営者、芸術家等についても一部の都道府県で組合が存在します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年4月16日第3157号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ