月変で残業代含めるか 業務繁忙時期が重なる

2018.03.22
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、秋に人事異動があり、それに伴い手当等も変動します。年末にかけて残業代等が増えれば、それも含めて標準報酬月額を見直すという理解で正しいのでしょうか。4~6月の定時決定には、特例があったはずですが――。【山梨・U社】

A

「年間平均」の制度新設

 10月や11月からの3カ月間の報酬をみて、標準報酬月額が2等級以上変動すれば、標準報酬月額等級を見直す必要があります(健保法43条、昭36・1・26保発4号)。住宅手当など固定的賃金の変動のみで2等級の差がない場合でも、残業手当などを含めて考えます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年3月19日第3153号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ