出向役員に労災適用は? 本社では「労働者」の立場

2018.03.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、このたび人事部門を別会社として、代表取締役として人事課長甲を出向させることといたしました。出向中、仮に、甲が業務上被災した場合、代表者であっても労災保険の保険給付を受けることができるでしょうか。【神奈川・O社】

A

いずれも適用ないおそれ 特別加入の利用望ましい

「労働者」の定義

 労災法は、労働者について定義規定を置いていませんが、一般に、労災保険の適用事業に使用される者であれば、正社員、パートタイマー、アルバイトなど雇用形態を問わず、労働の対価として賃金を受けているすべての者が労災法の対象となります(法3条1項)。本件甲は、親会社においては何ら問題なく労災保険の適用を受ける立場でした。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年3月15日 第2302号 掲載
ページトップ