遅刻の罰にトイレ掃除? 「減給」せずに違法性ないか

2016.03.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は飲食店ですが遅刻の罰としてトイレ等の掃除当番を割り当てるのは、労基法上問題なのでしょうか。賃金はそのまま支払うため「減給の制裁」には当たらないとは思うのですが、どのように考えればいいのですか。【京都・N社】

A

懲戒規定に根拠が必要 苦痛伴う業務命令は無効

 多くの企業では、就業規則に服務規律の規定を設けています。労基法89 条では就業規則の記載事項を定めていて、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月1日第2253号 掲載
ページトップ