業務委託契約は可能か 不定期に仕事する場合

2014.03.24
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 定年退職した熟練者を引き続き使用したいと考えています。スキルが高く社内事情にも通じており、細かい指示を出さなくても仕事ができますが、主に臨時の対応になるため月の就業日数や時間を一定にできません。そこで業務委託契約の形をとると、問題があるでしょうか。【北海道・K社】

A

労働者性ないことが必要に

 業務委託契約は業務の受託者を個人事業主とみなすため、委託者である会社は労基法上の制約を原則受けませんが、内容が実質的に労働契約と同様なら労働契約となり、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月24日第2962号16面 掲載
ページトップ