季節業務で解雇手続きは 4カ月超える期間契約

2018.01.08
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 解雇するうえで予告が不要なケースに、季節的業務に4カ月以内の期間を定めて使用する場合があります。季節的業務に6カ月の契約を交わしたとします。4カ月目以降は必ず予告が必要になるのでしょうか。【新潟・T社】

A

30日前に予告が必要 満了時の雇止め除く

 労基法20条は、解雇する場合に少なくとも30日前の予告、あるいは予告をしない場合の解雇予告手当(30日分以上の平均賃金)の支払いを義務付けています。ただし、予告等が不要な者として、労基法21条で、以下の4つの例外を定めています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年1月15日第2298号 掲載
ページトップ