業務上の休職満了で退職? 私傷病のみ規定あり 就業規則へ記載を検討

2016.12.05
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 総務部所属の勤務社労士で、現在、就業規則の見直し作業を担当しています。私傷病休職については、「休職期間が満了し、復職できないときは退職とする」と定めています。一方、業務上の傷病休職には、同様の規定は存在しません。業務上に関しても同趣旨の条文を追加すると問題がありますか。あるいは、「私傷病休職期間の満了時に退職」という条文が無効なのでしょうか。【山口・O社労士】

A

解雇制限する規定に抵触

 就業規則の絶対的必要記載事項に、「退職に関する事項(解雇の事由を含む)」があります(労基法89条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年12月5日第3091号16面 掲載
ページトップ