出向先が労働条件明示? 法は契約締結時のはず

2017.05.16
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 出向者を受け入れる際、当社で労働条件を明示する必要があるのでしょうか。出向通知書などは交付するとしても、法で明示が必要なのは、入社時など「労働契約の締結時」と認識しています。仮に必要になるとしても、もともとの籍がある出向元の義務になるように思いますが、いかがでしょうか。【福島・O社】

A

受け入れた側に義務 籍ある「元」も対応可

 在籍型出向とは、労働者が自己の雇用先の企業に在籍のまま、他の企業の事業所において相当…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月15日第2282号 掲載
ページトップ