労災休業中に解雇? 本人にも帰責事由あり

2017.03.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 日頃から飲酒のトラブルが絶えなかった社員が、業務で車を運転中に事故で負傷し、微量のアルコールが検出されたものの、その他の状況から労災の認定を受けて休業しています。懲戒解雇にせざるを得ないと考えていますが、労災で休業しているので解雇できないのでしょうか。それとも「労働者の責に帰すべき理由」があるので解雇できるでしょうか。【福島・F社】

A

原則として解雇は不可

労基法19条は業務災害・産前産後の休業期間中とその後30日間、労働者を解雇できないとしています。これは休業を…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月6日第3103号16面 掲載
ページトップ