解雇は取り消せないか 上司の言葉真に受ける

2017.04.21
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 上司と部下の間でトラブルになり、上司が「明日から来るな」と部下にいったところ、部下がこれを即時解雇と受け止め、解雇予告手当を支払ってほしいといってきました。当社としては解雇するつもりはなく、円満に解決したいと考えていますが、解雇の意思表示は撤回できないとも聞いています。このようなケースでも撤回は難しいのでしょうか。【福岡・R社】

A

和解すれば撤回も可能

 使用者が労働者を解雇する時は、原則として30日前までに予告することが必要で、それができない場合は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月17日第3109号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ