事務室内で熱中症? 「暑熱な場所」と関係は

2017.08.23
Q

 事務作業の従業員が、熱中症の発症を訴え労災請求したいといいます。会社としては協力するとして、暑熱な場所はどう解釈するのでしょうか。【群馬・A社】

A

28度以下に温度を保つ

 業務上の疾病の範囲は、労基則に定めがあります。熱中症に関する「暑熱な場所」(労基則別表1の2第2号8項)とは、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年8月21日第3125号16面
ページトップ