早期産休入りで保険料は 妊娠後の症状重いと申し出

2016.01.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 妊娠後の症状が重い女性従業員がいます。早めに産前休業に入りたいというので、会社も認める方針です。出産手当金の申請は難しいと思いますが、社会保険料の免除の対象にならないでしょうか。【京都・K 社】

A

産前42日含む月から免除 役員も被保険者で対象に

 従来から育休中の社会保険料が免除されていましたが、平成26年4月から産前産後休業も免除対象に加えられました。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年1月15日第2250号 掲載
ページトップ