出産早まり休業短縮? 42日のカウント方法

2018.09.24
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 出産日が予定日よりも早まった場合、産休の扱いはどうなるのでしょうか。産前42日産後56日とされ、出産日が遅くなったときにはその分産後が長くなっても、出産が早まれば産前が短くなるだけでしょうか。【山梨・K社】

A

産休開始日変更届あり

 労基法65条では、原則として産前6週間(請求に基づく)と産後8週間の就業を禁じています。その間において、労務に服さなかった期間は健康保険から出産手当金(健保法102条)が出るという仕組みです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年9月24日第3178号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ