即日退職認めるべきか 「辞職願」の効力は 懲戒処分を検討中だが

2017.05.22
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 業務上の不正が疑われる従業員がいて、まず事情聴取を行う予定でした。しかし、本人が先手を打って「辞職願」を提出してきました。当社規定では「届出を提出して14日を経過したとき」退職となる旨、定めています。しかし、「辞職は、会社が退職の可否を検討する余地がない」という理由で、即日退職を求めています。本人のいい分を認めるべきなのでしょうか。【福島・G社】

A

14日後に解約効力生じる

 辞職とは、労働者が一方的に労働契約を解約するものです。依願退職は従業員が退職を「願い出る」もので、通常は合意解約の申出とみなされます。辞職願は原則的に撤回不能ですが、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月22日第3113号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ