1日未満どう考える 半日単位年休の扱い 育児で短時間勤務利用へ

2021.10.15 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 女性従業員から、「育児のため、短時間勤務を希望する」という申出がありました。当社は小規模事業場で、こうした申出は初めてのため、いろいろと調査中です。年休については、基本的に、短縮前の権利を引き継ぐとのことです。当社では、半日単位の年休制度を運用していて、この女性は前年度繰越分も含め、10.5日の年休があります。この半日の端数はどのように取り扱うのでしょうか。【和歌山・K社】

A

所定労働時間変更と捉え

 育介法では、3歳未満の子を養育する従業員に対し、所定労働時間の短縮措置を講じる義務を課しています(23条)。所定労働時間6時間未満の者、労使協定で除外対象とする者等を除き、申出があれば、短時間勤務できる体制を整えておく必要があります。

 短縮後の労働時間は、「原則として6時間とする措置を含むもの」(育介則74条)とされているので、8時間が6時間に変更されたとして検討しましょう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年10月18日第3325号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。