人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2021.03.08 【健康保険法】

手当新設で改定か 「非固定的賃金」の扱い

キーワード:
  • 手当
  • 随時改定
Q

 パートや有期雇用労働者に精勤手当を支給するとしたとき、非固定賃金の新設は、随時改定の要件には当てはまらないと考えて良いでしょうか。【岐阜・T社】

A

制度変更から3カ月間みる

 随時改定(健保法43条)を行う場合として、通知(昭36・1・26保発4号)では、昇給または降給によって、3カ月間の報酬月額の平均が2等級以上の差を生じた場合などとしています。昇給または降給とは、…

回答の続きはこちら
2021.01.13 【労働基準法】

割増賃金と手当の関係は 家族手当など「限定列挙」

キーワード:
  • 割増賃金
  • 労働時間関係
  • 手当
Q

 当社では、通勤手当などの他に、いくつか手当を支給しています。割増賃金を計算するうえで、基礎となる賃金から除外できる手当等が列挙されていますが、ここに含まれないものはすべて割増賃金の算定ベースに含めて考えるべきものなのでしょうか。【岡山・I社】

A

7種類以外も除外可能性 労働の対償か判断必要に

 割増賃金を計算するうえで、単価から除外できるものとして、家族手当、通勤手当等労基法37条5項および労基則21条に定められた賃金があります。「等」には、子女教育手当、別居手当、住宅手当があります。その他、臨時に支払われた賃金や1カ月を超える期間ごとに支払われる賃金をあわせて7種類定められています。7種類の手当に該当する・しないで割増賃金の計算基礎に含める・含めないという判断は可能です。これらは限定列挙(列挙された事由に限る)であり、…

回答の続きはこちら
2020.12.28 【労働基準法】

年休賃金に歩合どう換算 当月の実績みて判断か

キーワード:
  • 年次有給休暇
  • 手当
  • 賃金関係
Q

 当社は運送業ですが、基本給のほか歩合給など各種手当を支給しています。年次有給休暇を取得したときの賃金ですが、当月の歩合給が確定していないとき、どのように考えればいいのでしょうか。当月末まで待って実績から所定労働日の賃金を割り出すほかないのでしょうか。【静岡・O社】

A

賃金締切日がベース 欠勤続くときは例外あり

 年次有給休暇を取得した場合に支給する賃金は、3パターンあります(労基法39条9項)。平均賃金、所定労働時間に労働した場合に支払われる通常の賃金、健康保険法に規定する標準報酬月額の30分の1(労基則25条3項)です。一般に運送業のようにいろいろな手当が支払われる場合、分かりやすいのは一定の期間、額を固定しやすいという意味で、標準報酬月額を用いる方式かもしれません。ただし、…

回答の続きはこちら
2020.09.29 【厚生年金保険法】

半々に分けて支給? 同居時の住宅手当支給 

キーワード:
  • 手当
  • 標準報酬月額
Q

 このたび従業員が社内結婚し同居することとなりました。当社では住宅手当を支給しており、これまでは2人とも支払いを受けていました。しかし、今後は支給に関する規定により1人分のみとなります。標準報酬月額に対する配慮として、住宅手当の額の2分の1をそれぞれに支払うというような措置は必要になるのでしょうか。それとも、1人にまとめて支払えば良いでしょうか。【香川・K社】

A

片方に全額を支払うのも可

 住宅手当は、健保法・厚年法3条の報酬に含まれます(日本年金機構)。

 現物給与の住宅に関する回答ですが、同じ会社の従業員AとBが結婚を機に同居する場合について、…

回答の続きはこちら
2020.08.11 【労働基準法】

在宅勤務手当を含めるか 割増賃金の単価計算

キーワード:
  • 割増賃金
  • 在宅勤務
  • 手当
  • 賃金関係
Q

 在宅勤務の本格的な導入に伴い、手当を創設することにしました。割増賃金を支払う際、単価の計算に含めて支払うべきという意見がある一方、通常の労働時間、労働日の賃金ではないという意見もあります。どのように考えればいいのでしょうか。【埼玉・I社】

A

通常勤務時には除外も 特殊作業当てはめれば

 労基法37条では、使用者は、「通常の労働時間または労働日の賃金」の2割5分以上の割増賃金を支払うよう規定しています。これは「割増賃金を支払うべき労働(すなわち時間外、休日または深夜の労働)が深夜でない所定労働時間中に行われたとした場合に…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ