日割り支給で月額改定は 結婚や出産当月から手当

2021.09.29 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、これまで結婚・出産により家族が増えた場合、翌月の賃金から(賃金締切日の翌日から)手当を追加する取扱いでした。しかし、労組との話合いにより、入籍・出産日から増額するルールに変更します。この場合、賃金締切日直前に手当を変更するケースも発生します。状況によっては随時改定の対象にならないこともありそうですが、それで問題ないのでしょうか。【滋賀・M社】

A

満額出た月が起算月に 2等級変動など確認を

 まず、随時改定の条件は次のとおりです(健保法43条)。

・固定的賃金に変動があった
・変動月以降3カ月の報酬平均額と現在の標準報酬月額に2等級以上の差が生じた
・3カ月とも報酬支払基礎日数が17日(社会保険適用拡大の対象者は11日)以上ある

 出産により、家族手当が増額したとします。貴社の「新ルール」では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年10月1日第2387号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。