早退命令に賃金保障必要か 急に勤務時間を変更 週40時間で割り振る

2016.10.17
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 小規模店舗で、パートとして勤務しています。パートの1人が店長の親戚ということで、その人の個人的都合により、勤務時間帯の変更があります。半日勤務した時点で「今日は早帰り」と告げられることもありますが、店長は「週40時間を目安に勤務時間を割り振っているから、問題ない」といいます。早帰り分について、賃金の保障は得られないのでしょうか。【青森・E子】

A

休業手当支払いが必要

 始業・終業の時刻は、就業規則で具体的に定める義務があります。始・終業時刻と休憩時間が指定されることで、各日の所定労働時間(使用者の労務受領義務がある時間)も自ずと確定します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月17日第3084号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ