労働時間の特例対象? 従業員が10人前後で推移

2015.01.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 10人前後の従業員を抱えている美容院です。就職から退職までのサイクルが短く1年間で何人も入れ替わるのに加え、成人式や卒業式の頃には臨時で美容師を雇うため、従業員数が10人を上回ったり下回ったりします。この業種は10人未満だと週40時間以上の労働が可能になると聞いていますが、当社のような職場についてはどう考えれば良いでしょうか。【徳島・N社】

A

臨時雇用は数に含めず

 使用者が労働者に労働させることができる時間は、原則として1日8時間かつ週40時間までです(労基法32条)。これには例外もあり、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月12日第3000号16面 掲載
ページトップ