社会保険の適用拡大(「常時500人」のカウント)

2016.05.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 パートなど短時間労働者に対する社会保険の適用拡大の時期が迫ってきました。常時500人を超える事業所が対象といいますが、その判定は適用事業所ごとに行うのでしょうか。

A

 企業ごとに行いますが、具体的には以下のいずれかの考え方で判定するとしています(年金機構Q&A集)。

 ①法人事業所の場合は、同一の法人番号を有するすべての適用事業所に使用される厚生年金の被保険者の総数が常時500人を超えるか否か

 ②個人事業所の場合は、適用事業所ごとに使用される厚生年金の被保険者の総数が常時500人を超えるか否か

 「常時500人を超える」とは、12カ月のうち、6カ月以上500人を超えることが見込まれる場合を指すということです。

 「Q&A集」では、対象事業所には8月以降、お知らせを送付する予定としています。

ページトップ