どの国へ提訴するのか? 海外で事故に遭遇したら

2018.08.31 【交通事故処理】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 私は日本に住む日本人ですが、X国を旅行中に、交通事故に遭い怪我をしました。加害者はX国人Yで、Yに賠償を求めましたが誠意がなく、未解決のまま帰国せざるを得ませんでした。Yを相手に賠償請求をしたいのですが、どこの裁判所に起こせばよいでしょうか。【東京・C生】

A

事故発生国の可能性高い 各国ごとの法制度による

 法的紛争の前提となる事実関係について複数の国の法律が関係してくるような事件を、「渉外事件」といいます。渉外事件では①どこの裁判所で裁判を行うか(国際裁判管轄)、②どの国の法を適用するか(準拠法)などが問題となります。

 交通事故の損害賠償請求は、通常は不法行為に基づく請求と考えられます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    平成30年9月1日第2313号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ