過失相殺はされるのか? 急停止されて追突したら

2019.03.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 追突事故の場合、一般的には追突した側が悪いと聞いていますが、近時話題になっている迷惑運転のように、「嫌がらせ」で前に割り込まれた後に急停止されて追突した場合でも、追突した側が悪いということになるのでしょうか。【兵庫・T社】

A

被追突者の過失は約3割 嫌がらせあれば割合増大

 追突した側の過失の程度によりますが、被追突車が「嫌がらせ」で急ブレーキをかけた場合では、被追突車側の過失割合が大きくなると思われます。

 確かに追突事故の場合、基本的には追突された車(以下「被追突車」といいます)に過失はなく、追突車側の前方不注意(道交法70条)や車間距離不保持(同26条)等の一方的過失によるケースが多く、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年3月15日第2326号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ