酸素の測定方法知りたい 地下タンク内で換気困難

2014.08.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 同業者の職場で地下タンク内の清掃に入った従業員が酸素欠乏空気を吸って倒れた事故に関し、酸素の測定が大切であると聞きましたが、実施すべき酸素の測定等について、詳しくご教示ください。【兵庫・M社】

A

18%以上は濃度確保 監視者置き保護具備える

 酸素欠乏症または硫化水素中毒による休業4日以上の労働災害は、最近では毎年10件前後発生しています。空気中の酸素の濃度が18%未満の状態が酸素欠乏で、この空気を吸入することにより酸素欠乏症になります。まず顔面の蒼白または紅潮、脈拍および呼吸数の増加、息苦しさ、めまい、頭痛等の症状が生じ、さらに酸素の濃度が低下すると意識不明、けいれん、呼吸停止、心臓停止等が生じ、死に至ります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年8月15日第2216号 掲載
ページトップ