1等級差でも月変必要か 健保と改定条件がずれる

2013.09.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 プロジェクトチームのリーダーを担当していた従業員が、自らリーダーの職位を返上したいと申し出たため、年俸額を年度の途中で変更することになりました。健康保険は35級から33級へ、厚生年金は30級から29級へ変更となります。この場合、厚生年金も月変を行うべきなのでしょうか。【東京・R社】

A

上限・下限の等級に適用 著しく賃金変われば見直し

 標準報酬月額は、1年間(9月~翌年8月)固定で用いるのが原則です。ただし、固定的賃金の変動により、報酬月額に「著しく高低を生じた場合」には、随時改定(月変)を行う必要があります(健保法43条、厚年法23条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年9月1日第2193号 掲載
ページトップ