事故の影響で廃業した!? 認められる損害どこまで

2021.10.15 【交通事故処理】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 脱サラをして飲食業を開業することにしましたが、オープンの2週間前に交通事故に遭いました。その後、むち打ち症などの苦痛を我慢して営業を続けていたものの、やむなく廃業せざるを得なくなりました。廃業に伴う費用は約250万円でしたが、これは損害として請求することができますか。【香川・T生】

A

通常生ずべき範囲「外」に 損保会社と交渉してみて

 損害保険会社がマニュアル的に利用している弁護士が書いた本(「新・示談交渉の技術」技術開発センター交通問題研究室刊)に、この相談によく似た事例として、次のような想定問答があります。

 問いは、「交通事故に遭う前に進めていた事業が事故のためにダメになり、大きな損害が出た。これを補償してほしい」というものです。

 これに対する回答例は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    2021年10月15日第2388号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ


    ご利用いただけません。