ダブルワークの36協定は?

2021.09.02 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 アルバイトを採用しようと思いますが、ダブルワークになりそうです。時間外・休日労働(36)協定で「副業・兼業」などと書いておかないといけないのでしょうか。

A

 36協定で定めるべき事項は労基法36条2項にあるほか、労基則16条において届出は、様式第9号等により、所轄労働基準監督署長にしなければならない、と規定しています。

 副業兼業の場合も書くべき事項は原則どおり、「時間外労働をさせる必要のある具体的事由」などです(厚生労働省「副業・兼業の促進に関するガイドライン」Q&A)。具体的な事由を記載する必要がありますので、どのような業務に従事するか判断してみてと思います。

関連キーワード:
ショート実務相談Q&A 掲載

あわせて読みたい

ページトップ