空白期間あると不利益!? 出向前後の被保険者期間

2021.07.29 【雇用保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 出向と介護休業給付に関する記事(本誌令3・7・1付2381号59ページ)を読みました。その中では、「出向に際し、被保険者期間の空白期間がない場合」が取り上げられていました。空白期間があるときは、同日得喪と何か違いがあるのでしょうか。出向者にとって、不利益が生じたりするのでしょうか。【鳥取・P社】

A

喪失前の端数に給付なし 受給資格は再確認しない

 出向に際し、通常は、「出向元で雇用保険資格を喪失する日」と「出向先で資格を取得する日」が同じとなります(同日得喪)。被保険者期間に1日の空白もなく、介護休業を引き続き取得する場合には、休業は一体のものとして取り扱われます。

 しかし、諸般の事情により、出向元と出向先の雇用期間が連続しないケースもあります。そうした場合、介護休業は一体とみなされず、出向元で新たな休業が開始されたとものとして取り扱われます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年8月1日第2383号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ