出向で被保資格を喪失か 退職する際不利益生じる

2011.01.01 【雇用保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 子会社へ社員を出向するのですが、役員として勤務する場合、雇用保険の被保険者になれないと聞き、本人は不安なようです。退職した場合、救済策はないのでしょうか。【石川・L社】

A

「元」の雇用継続と扱う 算定対象期間4年に延長

 在籍出向の場合、労働者は出向元と出向先と二重の雇用関係を結ぶことになります。同時に2以上の雇用関係にある労働者については、2以上の雇用関係のうち1の雇用関係(原則として、その者が生計を維持するに必要な主たる賃金を受ける雇用関係)についてのみ被保険者となります。

 出向後も、出向元で賃金の大部分を支払っていれば、出向元で被保険者資格が継続します。一方、出向先が主たる賃金を支払うことになれば、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成23年1月1日第2129号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ