標準賞与額へ累計か 退職月に支払った場合

2021.05.25 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 話し合った結果、来月中旬の賞与支払い日の数日後に退職する従業員がいます。基礎的な内容ですが、退職月の保険料徴収はどうなっていますか。標準賞与額には年単位の上限がありますが、この累計のカウントに保険料徴収の有無は関係するのでしょうか。【奈良・T社】

A

 保険料は、被保険者資格を取得した月から喪失した月の前月まで徴収されます(健保法156条)。転職などで退職した場合、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年5月31日第3306号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ