メリット制で不利に? 年金が支給される場合

2017.02.24
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労災を減らしてメリット制の恩恵を受けるべく努力しています。被災労働者が労災で重傷を負って年金を受給することになり、将来にわたってずっと給付がされ続けると、メリット収支率に支給した年金の額も毎年必ず算入することになるので、収支率の数値を下げることが非常に困難になってしまうのではないでしょうか。【鹿児島・M社】

A

一時金に換算して一括算入

 一定の継続事業等に適用されるメリット制におけるメリット収支率は、連続する3保険年度の間に起きた労災事故により支払われた保険給付の額を、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年2月20日第3101号16面 掲載
ページトップ