一括有期の保険料は? 労務比率を見直し

2015.04.27
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 昨年4月に消費税率を8%へ引き上げたことで請負金額の計算に特例が設けられました。4月から労災保険率や労務費率の見直しがあったと聞きますが、一括有期事業の平成27年度の確定保険料は、どのように算定されるのでしょうか。【宮城・C社】

A

4月以降成立分から新料率

 事業主が注文者などから、工事用資材を支給される場合や、機械器具を貸与される場合は、その価額相当額または貸与物の賃貸料などを請負代金に加算します(徴収則13条2項)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年4月27日第3014号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ