報酬月額等級なぜ増えた 9月に上限額がアップ

2020.09.11 【厚生年金保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の社長ですが、高報酬のため、基本的に標準報酬月額等級は最高限度の等級に張り付いたままです。しかし、今年の9月からは、厚生年金の標準報酬月額がアップするようです。私が社会保険を担当するようになって初めてですが、今年はなぜこうした措置が講じられたのでしょうか。【東京・I社】

A

被保険者の報酬平均が上昇 「65万円」を追加新設

 毎月の社会保険料は、報酬に保険料率を乗じて計算します。しかし、毎月支払われる報酬額ではなく、区切りの良い幅で区分した「標準報酬月額等級」を用いています。

 令和2年8月まで、等級の区分は下記のとおりとなっていました。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年9月15日第2362号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ