介護で通災認定か? 逸脱・中断後の取扱い

2017.01.18
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 介護のために通勤経路を外れた場合、通勤災害の扱いはどうなるのでしょうか。過去、判例があったと記憶しています。介護休業の取得要件が一部緩和されたといいますが、関連はありますか。【茨城・K社】

A

「同居扶養」要件を撤廃

 住居と会社間などの往復に関して、①逸脱・中断の間、そして②その後の移動は、原則通勤とは認められません(労災法7条3項)。ただし、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年1月16日第3096号16面 掲載
ページトップ