マタハラで労災認定は? 育休復帰してうつ病発症

2017.02.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 育児休業から復帰して育児短時間勤務者として働いていた女性が、うつ病を発症して休職することになりました。調べますと、同僚から仲間はずれ等のハラスメントを受けたことが分かりました。このようなハラスメントをマタニティ・ハラスメント(マタハラ)と呼ぶとのことですが、労災認定に特別の取り扱いがあるのでしょうか。【神奈川・N社】

A

強い心理的負荷あれば パワハラの基準参考に

 マタハラとは、女性労働者が妊娠したこと、出産したことその他の妊娠または出産に関する事由であって均等則2条の3で定めるものに関する事業主等の言動により、当該女性労働者の就業環境が害されることをいいます(マタハラ指針、平28・8・2厚労省告示312号)。具体的には…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年2月1日第2275号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ