帰省回数少なくても通災か 単身赴任先から自宅へ 業務繁忙で機会なかった

2013.07.22
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 単身赴任中(妻子と別居)の従業員が、自宅に帰る途中で事故に遭遇しました。最近、業務煩忙でなかなか一時帰省のチャンスがなく、今回は、深夜に赴任先宿舎へ帰宅し、翌朝一番に自宅へ向かうというハードスケジュールが組まれていました。単身赴任の要件を満たしていれば、たとえ帰省実績が少なくても、通勤災害として認められるのでしょうか。【東京・N社】

A

原則「月1回以上」が要件

 通勤災害の保護対象となる「通勤」には、3タイプがあります(労災保険法7条2項)。

・通常の通勤(1号)

・ダブルワーカーの2事業場間移動(2号)…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年7月22日第2930号16面 掲載
ページトップ