指欠損して補償どうなる プレス作業で2度事故

2020.04.10
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社従業員は、以前、作業(プレス業務)中の事故により右手小指を失うという負傷をしました。先日、同人が、同様の事故により、今度は右手人差し指を失ってしまいました。今後、障害補償はどのような内容で行われるのでしょうか。【岡山・M社】

A

同一部位の「加重」扱い 新たな等級で再計算する

加重障害

 すでに身体障害(労働災害によるものか否かを問わず、障害等級に定められている程度の障害)を持っていた労働者が業務上災害または通勤災害によって同一の部位(同一系列を含む、昭50・9・30基発565号)について障害の程度を重くした場合、「加重障害」として労災保険による障害補償が行われます。ご質問の同一上肢の手指(右)の欠損も系列は同じです。

 加重障害の補償は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年4月15日第2352号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ