育休後は20時間未満に? 被保険者資格を失うか

2020.03.29
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 ベテラン女性従業員が出産しました。産休明けの勤務について、いろいろと話し合った結果、「育休は取得しないけれど、短時間勤務について、特別な配慮が欲しい」という申し出がありました。仮に1週20時間を切るような労働時間設定とした場合、雇用保険の資格はどうなるのでしょうか。【秋田・K社】

A

小学校就学までは「継続」 臨時・一時的な変更なら

 育介法では、事業主に対して、所定労働時間の短縮制度(育児・介護短時間勤務制度)を整備するよう求めています。育児関連では、3歳までが強制義務(育介法23条)、小学校就学の始期に達するまでが努力義務(24条)となっています。

 所定労働時間を6時間に短縮する仕組みが基本ですが、それ以外の選択肢を設けることも可能です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年4月1日第2351号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ