育休給付金が増える? いつから支給率引上げ

2014.05.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 近く出産予定の従業員がいます。以前、日刊紙で雇用保険の育児休業給付の支給率が上がるという記事を見かけた記憶があります。予定どおり、引上げが決まったのでしょうか。【岡山・V社】

A

休業開始から180日まで 26年4月からの暫定措置

 育児休業給付は、法律の本則(雇保法61条の4)で「賃金日額の40%」と規定し、附則(12条)で「当分の間、50%と読み替える」という暫定措置を設けています。

 今回、雇用保険法の改正が決まり、平成26年4月1日以降、「休業を開始した日から起算して休業日数が通算して180日に達するまで」、給付率を67%に引き上げることになりました。こちらも、「当分の間」の暫定措置です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年5月15日第2210号 掲載
ページトップ