救済の仕組みどうなっている 入社後早くに育児休業 受給要件満たせぬ場合へ

2021.09.10 【雇用保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 雇用保険の育児休業給付の要件について、改正が実施されたと聞きます。当社では、以前、入社してすぐの女性従業員が妊娠したけれど、育児休業給付の受給要件(みなし被保険者期間12カ月以上)を満たせなかったという事案がありました。今回改正は、そうしたケースを救済する趣旨と聞きますが、どのような仕組みなのでしょうか。【東京・E社】

A

特例で産休開始日を基準

 改正雇保法(改正育介法の一部)は令和3年6月9日に公布されました。育児休業給付の要件見直しに関する規定は、令和3年9月1日から施行されています。

 育児休業給付は、「育児休業開始日前2年間」にみなし被保険者期間が12カ月以上あることが支給要件の1つです(雇保法61条の7)。みなし被保険者期間は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年9月13日第3320号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ