分割付与で基準日いつ? 統一すれば管理しやすい 10日付与した日にずれる心配

2019.06.14
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今年度スタートは間に合いませんでしたが、年次有給休暇の付与基準日を4月1日に統一する方向で検討を始めました。役員から「4月入社の新入社員については、分割付与したらどうか」という意見が出されました。せっかく基準日を統一しても、分割付与すると、また基準日がズレるのではないかという疑問があります。どのように取り扱うべきなのでしょうか。【新潟・M社】

A

時季指定の起点とも一致

 改正労基法により、「年5日の年休の確実な取得」が義務付けられました(労基法39条7項)。使用者は5日分の年休取得時季を指定しますが、この「指定のタイミング」を再確認しましょう。

 原則は、法定どおり(最初は6カ月後、その後は1年ごと)に年休を付与する日(基準日)から1年以内に指定します。しかし、前倒し付与…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月17日第3213号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ