特別教育の内容知りたい フルハーネス用いる作業

2019.04.25
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 フルハーネス型の墜落制止用器具を用いて行う作業については、特別の安全衛生教育が必要だと聞きましたが、この作業についての特別の安全衛生教育について詳しくご教授ください。【大阪・I社】

A

装着や取付けの方法学ぶ 一定の経験者は省略可

 墜落による労働災害は、安全帯の使用方法が適切でなかった事例が多数あること、フルハーネス型墜落制止用器具は胴ベルト型墜落制止用器具と比較して適切な着用や使用が難しいことなどから、フルハーネス型の器具を用いて行う作業は特別の教育を行わなければならないこととされました。

1 特別の教育の実施等について

 安衛法59条3項では、事業者は、危険または有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者を就かせるときは、当該業務に関する安全または衛生のための特別の教育を行わなければならないこととされています。この厚生労働省令で定める業務として、安衛則36条41号に「高さが2m以上の箇所で作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具(安衛令13条3項28号の墜落制止用器具をいう)のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く)」が規定され、平成31年2月1日から施行されました。 

 この特別の教育は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年5月1日第2329号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ