警察に届け出ると減点? 追突を避け転倒して負傷

2019.03.29 【交通事故処理】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 バイクを運転中、一時停止の左側の狭路から乗用車が飛び出してきたため、急ブレーキをかけて転倒しました。その場では救急車を呼ばず、相手の車で深夜の急患扱いの病院に行き、簡単な診察と手当を受け、翌日、改めて別の病院に行って精密な検査等を行ったところ、左足の骨折が判明しました。乗用車の運転手は「治療費などは十分に出すので警察に届けなくても大丈夫。届けを出すとあなたにも罰が与えられ、点数が減点されますよ」と言っていたのですが、相手の言うとおりにしてもいいのでしょうか。【埼玉・T生】

A

保険適用されないリスク 紛争発生時の対応困難に

 相談者の事故の状況については、一時停止の左側の狭路から飛び出てきた乗用車に追突しそうになり、急ブレーキをかけたところ、転倒してケガをしたというもののようです。

 負傷した相談者は、警察に事故の届けを出さなければいけないと考えていたと思います。しかし、その事故の一因となった相手は「治療費などを自分が払うので警察に届けなくてもいい」と主張し、さらに…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    平成31年4月1日第2327号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ


    ご利用いただけません。