自然災害で労災認定は? 震災や暴風雨による事故

2018.08.28
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 震災暴風雨等、自然災害に伴って労災が起きた場合は、どのように取り扱われるのでしょうか。労災が認定されるケースと認定されないケースがあるようなので、建設業を営む当社としては大変心配です。【長野・U社】

A

就業中なら認定され得る 立地や状況で個別に判断

天災地変と業務上災害

 天災地変に際しての災害については、通常、家屋の倒壊や落石・土砂崩壊を直接原因として発生するものです。もともと家屋あるいは山等の周囲の状況が災害(倒壊・落石崩壊)を引き起こす危険な要因を有していた場合に、たまたま天災地変が契機となって家屋の倒壊あるいは山の崩壊を生ぜしめた場合は、当該家屋等に内在した危険が現実化したとみるのが妥当であるとして、原則的には「業務上の災害」としています(昭49・10・25基収2950号)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年9月1日第2313号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ