時間外上限は適用猶予か 「中小」の定義教えて パートや派遣受入れ多い

2018.08.03
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 働き方改革関連法が成立し、時間外上限規制の強化等が図られると聞きます。「中小事業主」を対象として適用猶予が設けられていますが、その定義を再確認させてください。当社はもちろん「中小に含まれる」という認識ですが、小規模店舗が複数あり、大多数の従業員は短時間パートで、事務部門では派遣労働者も利用しています。こうした事情は、どのように考慮されるのでしょうか。【青森・S社】

A

常用者数または資本金で

 関連法の施行日は改正項目により異なりますが、労基法関連は原則平成31年4月1日です。ただし、時間外労働関連(労基法36条)については、経過措置が付いています。まず、大企業(中小以外)は、「平成31年4月1日以後の期間のみを定めている協定」から対象となります(附則2条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年8月13日第3172号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ